非常にむずかしい問題

h-navi.jp

 

法人が運営する児童発達支援・放課後等デイサービスに通われている方々の中にも、同じような悩みを抱いておられる方がいらっしゃるのだろうとおもいます。

 

ただ、現場の職員からすると決められた曜日は通ってきてほしいと願うばかりです。

 

その理由は、継続することで困っている背景がわかってくることがあったり、手立てについて、保護者と一緒になって考えていくことができたりすることは、とても重要だと考えます。

 

暫く来ていなかったら、あれ?ということも少なくありません。

 

塾などの習い事も大切だけど、詰め込みすぎは要注意です(>_<)

 

(療育先は、子どもたちにとって、居心地の良い場所でなければいけませんが)

 

保護者の意向も。むしろ保護者の意向こそが重要になっている傾向も。

 

しかし、その理由は『療育を継続するべきか否か』という問題に直面するからなのだと。

 

(一部HPからの引用)

公的な療育に通うことはとても良いことです。
だけど、それだけに頼って効果や成長を期待することは、難しいことも。
それは、時間が短いからです。

 

それに、療育は、代わりに子育てしてくれるわけじゃない。
療育を利用されるときは、療育の先生の療育の仕方を学んで、家で毎日その関わり方をすることが、効果的な使い方です。

 

同感です。

 

簡単ではありませんが、間違ったメッセージとして伝わらないよう、

1日1日を大切に療育・支援に取り組んでいきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜から研修

新事業の展開について、情報収集の日。

 

いろんな人が勉強や情報収集のために集まってきている。

 

とても良い刺激を受ける。

 

 

現在(いま)の仕事の将来あるべき姿。

いや、将来に向けてすすめていきたいカタチ。

 

 

なにが大切で、なにが必要なのかを考える。

 

前にすすめていきたいな。

 

 

 

熱い仲間

先日、2月3日のこと。

同じ業界のアツイ同級生と会食にいってきました。

 

『福祉のイメージを変える!!』

 

共通の目標がある法人さん

 

作業所のすごい技術を活かしたアパレル事業など、

幅広く面白いことに取り組んでいます。

 

 

とても良い刺激を受けた1日でした!

大空小学校へ

今日は休みで大空小学校のくらしの道具体験?

七輪の火をおこし&おもち焼き体験をしてきました!

 

子どもに負けないぐらい楽しんだ気がしますw

 

責任がないわけではないけど、純粋と子どもたちと楽しめ、

3日分ぐらいの癒しをもらった気がします(*^。^*)かわいかったな~